テラジェット5515B アーバン ケース6010 ミニジェット たけのこモール
日の丸     ホーム     会社概要     ニュース     工法案内     非開削関連情報     リンク     現場報告
岩下産業株式会社
〒063-0847
北海道札幌市西区八軒7条西11丁目2番22号
TEL 011-641-1803
FAX 011-641-1842
HOME ABOUT NEWS
METHODS アーバンノーディッグ TRENCHLESS RESOURCES
LINKS JOBSITE REPORT ロケーティング

岩下産業潟Eェブサイト  » 現場報告  » 誘導式水平ドリル工法

大型誘導式水平ドリル/テラジェットTERRAJET8522Sによる帯水砂層での施工

引込管種:高密度ポリエチレン管呼び径W200
引込延長:53m
使用機種:TERRAJET8522S
大型誘導式水平ドリル/テラジェットTERRAJET8522Sについて


特筆事項
・大型HDD機TERRAJET8522Sによる初めての施工現場
・釧路西港に程近く、水位が非常に高い。従来の推進工法により河川下を直線的に横断する場合、推進の発進到達口として深い立坑を掘削する必要があり、鋼矢板土留+地盤改良 等で、膨大な仮設工事費が発生する。誘導式水平ドリルによる施工では、得意の縦断カーブ施工により、発進到達口は至極浅くなり、写真でご覧いただけるような 簡易土留で対応でき、非常に経済的である。
・同機初施工ということで、見学会が催され、その様子が北海道建設新聞で紹介された。

@見学会用に設置された施工概要の看板 A今回横断施工する河川
BTJ8522S背面から、到達ピット側を見た風景 CTJ8522S前面
DTJ5515Bより一回り大きなドリルヘッド E削孔が無事完了。ご覧の通りの帯水砂層で、これ以上の深さの掘削は、地盤改良等の補助工法が必要。
F埋設管(鞘管)引込完了 G予め融着しておいた本管(HPPE呼び径φ150)を挿入して施工完了。



Copyright © 2007-10:Iwashita Sangyou,K.K.:All Rights Reserved
Steve's free web templates